くちばしコンサルティング

経営戦略を実現する、運用しやすい人事制度構築が得意です。

#7日間ブックカバーチャレンジ DAY4アオアシ

f:id:ryo_yamamoto:20200510224823p:plain

 #7日間ブックカバーチャレンジ
DAY4

アオアシ(小林有吾著)

f:id:ryo_yamamoto:20200507083131p:plain

■あらすじや概要

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人が、Jリーグのユースチームに入り、チーム内の競争やライバルチームとも試合を通じて成長していく物語。 2020/05/05時点で20巻まで発売中。

 

■選書理由

サッカー漫画だけど、主なテーマは「考えること」。足技がどうとか体力がどうとか、そういうことはあまり描かれない。(20巻まで時点では)
選択肢を増やすために何を見て、どういう風に考えるか。成功した理由は何で、失敗した理由は何かを考えて、言語化して、再現性を持たせると言うことの重要性が丁寧に描かれている。

この本を読んでからは、とにかく「選択肢をたくさん持つこと」「その上で最適な一つを選ぶこと」を意識するようになったし、自分の仕事の振り返りをやる時間が増えた。あのプロジェクトのあのミーティングは何故成功したのか?とか、資料の構成をこうしたのは何故か?とか。ビジネスマンの教科書にしても良いんじゃないかとさえ思えるぐらい、仕事でも活かせる考え方がたくさん出てくる。

 

■読者にどんなメリットがあるか

絵柄がかわいくて、ストーリーも、「ザ・少年漫画」という感じで読んでいて面白い。 
読めば読むほど「考えることの重要性」「考えさせることの重要性」にも触れる事が出来ると思う。

 

■好きなフレーズ

あたしの世界一好きなサッカー選手は、「とにかく考えた」って言ってた。練習でも試合でもサッカーしてないときでもとにかく考えて、考えて考えて考えてー考えて。するとな、「いろんなことが、いずれ考えなくてもできるようになる。そうしたら、ようやくそれが自分の者になる」って。「似てるけど、やっぱり勘とは違う」って。頑張れ。人間は考える葦である。

f:id:ryo_yamamoto:20200507083104p:plain