くちばしコンサルティング

人事や経営を学べるブログ。中小企業診断士・人事コンサルタント山本遼が書いています。

「部下が目標達成が難しくなってから泣きついてくるんだよ」という管理職の悩みに対してどう答えるか

「君たちはどう評価するか~悩みボヤく管理職に逆質問で気づきを促す、評価制度の運用想定問答集~」(2018.06~2018.11号連載)

 

月刊人事マネジメント 2018.08月号

 

 

f:id:ryo_yamamoto:20181203181244j:plain

私が社会人1年目の3月上旬の話です。当時勤めていた会社では、他の多くの会社と同じく目標の期間を4月から翌年3月までの1年間と設定していました。私が自席で仕事をしていると、おずおずと同僚が上司の席に向かいます。同僚が何を報告したかは聞き取れませんでしたが、上司が呆れて出した大声で何が報告されたか察することが出来ました。「今言うなよ!申し込みしてないのにあと1ヶ月でどうやって簿記二級取るんだよ!そもそも次の試験6月じゃん!」彼は期初に設定した目標が達成できない見込みであることを報告しに行ったのです。
その後も人事職として、数多くの考課者から「最近の若手は報連相が出来ない」「部下が期限ギリギリになってから報告をしてくる」「しっかり採用と研修をして欲しい」等のご相談を頂くようになりました。(本連載では、考課者のボヤきを建設的に考えるため"相談”と言い換えています)

 

詳細は以下よりご覧ください。

https://drive.google.com/open?id=1elBkdG8cmLzG6OXx6Gdz5FnDoEhxW6is

 

本記事は月刊人事マネジメント様との契約に従い、発刊後1ヶ月経過したため公開しているものです。